madajimaとの会話

たまたまここを訪れてくれた方を一笑い吹かせるために、赤の他人との「どうでもいい会話」や自分の「どうでもいい思考」を載せています。

D アルビサポ満足度分析プロジェクト その2 - 時間

アルビサポの満足度を分析する。 それは、やろうと思ったら、誰でもできるだろう。 ツイッターで#albirexで検索し、一つ一つのツイートを見て分類分けし、数を数える・・・。 それが確実そうには見えるが、その分類分けに明らかな基準が無ければ難しい。 も…

D アルビサポ満足度分析プロジェクト その1 - やる気

「目標は、アルビサポの満足度を数値にすること」そうやってサポーターの温度感を数値にする事ができれば、サポーターの数も増えるんじゃないか・・・。そして、madajimaが例のあの女性に会える日が訪れるのではないだろうか・・・。

A 失敗する投資日記 その6

あらすじ: 急に、Covid-19による不景気が来るのが怖くなってきたmadajima。 プロジェクトAを一時休止し、プロジェクトDに集中しようとしたが・・・? 基本的に、これを書いている時と、書いていることが起きている間には、1週間から数週間のタイムラグがあ…

A 失敗する投資日記 その5

あらすじ:大きな間違いに気付いたmadajima。ただ、ミスをして気付く、これを繰り返していくしかないのか・・・。 エイジスの株を、2,500円ぴったしにて購入した。最小単元の100株を買ったので、予算100万円の4分の1をこの株に注ぎ込むことになった。これが…

A 失敗する投資日記 その4

株価が20円上がった瞬間にアシックスの株を売ることにしたmadajima。 果たして上がるのか? 売ることになるのか? そしてその判断は成功か、失敗か? 7月6日の月曜日。 今日も在宅勤務の日だ。 朝9時からアパートで普通に仕事をして、1時間ほど経った時、散…

A 失敗する投資日記 その3

前回までのあらすじ: 儲けたい人間が儲けたいために集まる世界、それが株式投資。 madajimaはその凄まじさに畏怖さえ感じた。 まるで、動物の馬が好きだから競馬場に行くようなものである。 果たして、次の一手は。 僕は、株価を追わないことにした。 これ…

A 失敗する投資日記 その2

前回までのあらすじ: 銀行の利子の低さに嫌気が差したmadajima。 「それじゃあ配当金にすっか!」と思いついたが・・・。 と、いうことで、僕はパパッと株取引の用の証券口座を開いた。 証券会社の選択肢は数多くあったが、なんだか信頼が置けそうだったの…

A 失敗する投資日記 その1

前回までのあらすじ 次のステージとして、「A. 絶対に失敗する投資日記」と「D. AIが見た! アルビサポのツイート分析」の二つを並行して行なっていくと決めたmadajima。 果たしてその行方は? 僕は100万円を手に入れた。 テレレテッテッテーン! 具体的に言…

次のステージ その2

さて、次のステージの4つのプロジェクトについて説明したい。 A. madajimaの絶対に失敗する100万円投資日記 今のところ詳細は省くが、僕は100万円を手に入れた。 自分で稼いだ訳ではないし、使い道はないので、正直この金がどうなろうとどうでも良い。 ただ…

次のステージ

最後の投稿から2ヶ月間の間、僕は一人の女性と付き合い始め、そして別れた。 以前の僕なら、「ブログにでもするか!」とか思っていたのだろうが、そしてそれは思わなかった訳ではないが、書く気力が湧いてこなかったし、恐らくこれからも湧いてこないだろう…

ステイホームついでに断食してみた

海外にいる時、エジプト人の友達がいた。 アブ、という背の高い青年だ。 同年代のそいつはムスリムで、非常に熱心にイスラム教を信仰していた。 僕は信仰というものを歴史の教科書やフィクションでしか見たことがなく、神様を本気で信じている人間は人生初め…

とある在宅勤務の普通の一日

朝7時半、起床。 いや、厳密には起きていない。 炊飯器がピーピーと鳴ってご飯が炊けたことを伝え、スマートフォンが音楽を鳴らして「起きろー!」と伝え、僕がそれを無視した。 ただ、二度寝ができない体質なので、布団に入りながらなんとなくストレッチ。 …

イギリスのお笑い研究:盲目のコメディアン

日本の人は、海外のお笑いは大して面白くない、と言う。 結局は下ネタを使って笑わせようとするので、汚いし、くだらない。 海外の人は、日本のお笑いは大して面白くない、と言う。 結局は馬鹿なことを言って、それに対し叩いて終わりなので、暴力的で、くだ…

盛り上げ好きのmadajima、在宅勤務中のプレゼン

小学校5年生の時、周りの小学校共同で陸上大会をした。 友だちはみんな「かったりーなー」と言って、100m走とかハードルとか、楽な競技ばかり選んで、まともに練習もしていなかった。 その中で、一人だけ1500mという小学生にとっての長距離走を選んだ奴がい…

ニュース見るのやめたんだよね

質と量。 それは色んな場所で試される。 例えば勉強。 試験勉強の時なんか、「勉強は量です。とにかく量をこなしてください」と先生に言われたことがある人も多いのではなかろうか。 一方、やたらテストの点数が良いクラスメイトに話を聞くと、「家帰ったら…

ウルグアイのマリナ、日本のマリナ

今のCovid−19の大騒ぎを見ると、海外旅行のことを考えるのが何だか憚られる。 例えこの騒ぎがひと段落してから世界のあらゆるところに行っても、「うわ中国人だ! コロナだ!」とかツッコミどころの多いことを言われそうである。 もしかしたら、この世界的感…

madajimaの地球一周三大トラブル - まとめ

クレジットカード、サッカー、ハニー。 いかがだったでしょうか。 日本に帰っていろんな人に話すと、僕が遭ったクレジットカードのトラブルは「スキミング」というよくある犯罪で、「海外では差し込み式のカードは使わない方が良いよ」と、「タップ式のを使…

madajimaの地球一周三大トラブル - ハニー その1 - スーパーヒーロー

オークランドで朝を迎えました。 長くて色々あったこの旅行も、ついに最後の丸1日です。 もちろん、僕の足は痛いままで、歩く度に痛みが走っていたので、とても今までのように歩き回って観光を楽しむことはできません。 でも、楽しみたいです。 ここまで来…

madajimaの地球一周三大トラブル - サッカー その5 - オークランド

不幸中の幸い、というか、足首を怪我をした次の日は、1日中電車の中で移動する予定でした。 ウェリントンからオークランドまで移動する12時間の電車の中で、歩き回らずとも移り変わる景色を楽しめます。 その二つの街は東京ー神戸または青森くらいの距離な…

madajimaの地球一周三大トラブル - サッカー その4 - 氷

ラグビー選手のようなマッチョからスライディングタックルを足首に受けた僕は、なんとかショックから我に返りました。 マッチョは「ソーリー、アーユーオケー?」と繰り返し言っていました。 本当に悪いことをしたと思っているのか、謝罪の気持ちが伝わって…

madajimaの地球一周三大トラブル - サッカー その3 - ウェリントン

「ここで3日間は長すぎですよー」 久しぶりに対面で日本語を喋った相手は、ウェリントン空港のカフェの店員さんでした。 ペルー人の旦那さんの仕事の関係で10年以上日本を離れていて、今はニュージーランドの首都、ウェリントンに住んでいるとのことです。 …

madajimaの地球一周三大トラブル - サッカー その2 - ヤパン

ちっこいウィンガーからタックルを受けて、僕は人工芝の上に倒れました。 が、痛みに悶える程ではありませんでした。 倒れながらも、ボールの行方を見る余裕はありました。 僕からのパスを受けたアグエロ似のストライカーが、グラウンダーのクロスボールを右…

madajimaの地球一周三大トラブル - サッカー その1.5 - ブエノスアイレスの写真

この日は、コパ・リベルタドーレス、いわば南米版チャンピオンズリーグの決勝が行われた日でした。 アルゼンチンのリーベル・プレートと、ブラジルのフルミネンセの対戦です。 クラブ同士の戦い、というだけでなく、国と国の戦い、みたいな盛り上がりを期待…

madajimaの地球一周三大トラブル - サッカー その1 - アルゼンチンの個サル

皆さん知っているか分かりませんが、僕は、サッカーを観るのもプレーするのも好きです。 南米に行こうと決めた時、「よし、あっちのスタジアムでサッカーを観に行こう」と思いました。 ブラジル、ウルグアイ、アルゼンチン、どの国も熱狂的なファンで有名で…

madajimaの地球一周三大トラブル - クレジットカード その5 - 緊急キャッシュ

世界は広いです。 広いがゆえに、色んなことが起きています。 色んなことが起きているがゆえに、クレジットカードの盗難も起きています。 僕はその盗難のことを、「うわー、なんてことだー、こんなこと想定していなかったー」と慌てふためいていたように書い…

madajimaの地球一周三大トラブル - クレジットカード その4.5 - ウルグアイ、モンテビデオの写真

あまり本編では触れませんでしたが、ウルグアイの首都、モンテビデオは平和で良いところでした。 最近はアメリカ合衆国からの移民が増えているとか。 確かに住むのには良いのでしょうが、観光は1日半で十分でした。僕の地元、新潟みたいなものです。 と、い…

madajimaの地球一周三大トラブル - クレジットカード その4 - 配達

旅行は、1に決断、2に決断、そして3に決断です。 何日に出発して何日に帰ってくるのか。 飛行機をどの空港から乗ってどの空港に降りるのか、そして経由はどこにするのか。 この場所では何をするか、日程はどういう風にするのか。 何を持って行って、何を持っ…

madajimaの地球一周三大トラブル - クレジットカード その3.5 - サンパウロの写真

2020年になりましたね。今年もよろしくお願いします。 去年の暮れからずっと鼻風邪をひいていて、あまり眠れず、よって頭が動かないため、今回は適当にブラジル、サンパウロの写真だけ貼っておきます。 ↑とある地下鉄の中です。レイアウトが謎だと思いました…

madajimaの地球一周三大トラブル - クレジットカード その3 - ブラジル人

ブラジルと言えば、何を思い浮かべるでしょうか。 サッカー。 サンバ。 アマゾン。 陽気な感じ。 僕のブラジルの友人、マーロンには、このどれも当てはまりませんでした。 サッカーは嫌い。 サンバは踊らない。 アマゾンとは程遠く、冬は寒い南ブラジル出身…

madajimaの地球一周三大トラブル - クレジットカード その2.5 - ブラジル飯

自分がいかにトラブルで困ったのか書きたいのですが、困った加減を伝えたいとあまりに思い過ぎると、話が細かくなって、書くのも読むのもかったるくなってきました。 そういう訳で、1週間では書き上げられなかったので、とりあえずブラジルの写真を適当に載…