madajimaとの会話

たまたまここを訪れてくれた方を一笑い吹かせるために、赤の他人との「どうでもいい会話」や自分の「どうでもいい思考」を載せています。

スタバに現れた謎のおぼっちゃま その2

その1はこちら

あらすじは↓

とある日曜日の朝、いつもの様にスターバックスでブログを書いているmadajima。

だが、それを邪魔する者がいた。

襟に国連のバッジをつけた、フィリピン人のおぼっちゃまだ。

おぼっちゃまは、Wifiを繋げたくて仕方がないらしく、madajimaに助けを求めている。

巻き添えを食らった皆藤愛子似の店員さんと一緒に、おぼっちゃまを挟む様にして彼のiPhoneWifiを繋げる様子は、まさに日本らしい「おもてなし」なのだが・・・。

 

 

「あの、もう一度、繋げてみてはどうでしょう」

皆藤愛子が、僕の目を見て、そう提案する。

「ああ、そうですね、一度WifiをOffにして・・・」と僕は応える。

 

おぼっちゃまは黙ったまま、分厚い手でiPhoneを持っている。

僕と店員さんが、その両側から、タップしたりスワイプしたりして、iPhoneを操作していた。

 

金正恩とか、絶対こんな感じだろ。

両側からマッサージをしてもらったり、体拭いてもらったり、ご飯食べさせてあげたり、Wifi繋いでもらったり、そんな感じだろ。

このおぼっちゃま、よく見たら、体型、髪型、目が、金正恩によく似ている。

フィリピンの金正恩か・・・。

だが、それを絶対に言ってはいけないな、と胸に誓う。

そんなこと言ったら、国連が、日本に不利益なことをやってきそうだし。

日本の運命は、僕が握っている。

ここでうまく「おもてなし」できたら、国連が日本に良いことをやってくれる。

そんな使命感さえ覚えた。

 

だが、繋がらない。

ブラウザに、「Welcome to Starbucks」みたいなのが出てこず、ずっとロードしている。

僕たちは困ったが、皆藤愛子が「開いているアプリ、全部閉じますか」と提案する。

「ああ」と僕は声を出す。

それでWifiが繋がるようになるのかは怪しかったが、もう、思いつくことは全てやるしかなかった。

 

皆藤愛子は、ホームボタンを2度押し、アプリを閉じる画面に遷移しようとした。

だが、おぼっちゃまがiPhoneを握っている状態では難しい。

なので、皆藤愛子はパッとおぼっちゃまからiPhoneを取り、ホームボタンを2回押して、上にスワイプしてアプリを閉じ始めた。

「あー!」

ところが、急におぼっちゃまが声を出し、皆藤愛子からiPhoneを奪い返した。

「なにすんのー!」と慌てた声で言い、iPhoneの画面を隠す様にした。

 

皆藤愛子と僕は思わず目を合わせた。

そして、お互いに、笑いで吹き出した。

え? どういうこと?

見られちゃいけないものがあったの?

「別に、見られたくないのがあるわけじゃないけど」

おぼっちゃまは小さな声でそう言い、自分の太い指で、一つ一つアプリを上にスワイプしていった。

それを見て、再び僕と皆藤愛子は目を見合わせた。

 

軽く30個くらいはアプリが開いていたのにはびっくりした。

もしかしたら、これが悪さをしているんではないか、と思って、Wifiが繋がるのを期待した。

 

再びWifiをOnにし、StarbucksWifiを選択し、Safariを開いてロードが始まる。

このとき、カウンターにお客さんが何人か来ていたのがわかった。

皆藤愛子もそれに気づいたのか、「ごめん!」というポーズを、カウンターにいる店員さんに向かってしていた。

これは、かなり申し訳なくなった。

僕のブログは待てるが、お客さんは待ってくれない。

もちろん、おぼっちゃまは、そんなことを微塵にも気にしていない様だった。

 

だが、繋がらない。

『ロードに時間がかかり過ぎています』と画面にメッセージが出る。

「どうしましょう」と皆藤愛子は困った表情をした。「他に何かありますかね」

彼女は、困った顔はしていたが、嫌そうな顔は一切していない。

こんなおぼっちゃまのために、真面目にWifiを繋げようとしているところに、非常に好感を持った。

いい子だなあ。

まさに、スターバックスのお手本みたいな店員さんだ。

 

Wifi繋げてくれないと、困るんだけど」

おぼっちゃまは、そんなのを気にせず、困った顔をする。

 

あまりやりたくないが、解決策は、一つある。

「あの、僕のテザリング使うんで、大丈夫ですよ。僕のスマホの電波を、彼に繋げるんで」

「ええ? それは・・・」

「いえいえ、これ以上迷惑かけるのもあれですし。戻ってもらって大丈夫ですよ」

「え、でも・・・」

「あはは、気にしないでください。余裕ですよ」

親指でグーサインを出し、僕は自分のスマートフォンをいじり始めた。

 

が、店員さんはレジに戻ろうとしない。立ったままである。

「いいんでしょうか?」と言いたげに、僕の目をじっと見ている。

 

すげえな。

偉いな。

さすが、スタバだな。

 

ここで、気付いた。

皆藤愛子が僕の目をじっと見ているのは、僕をお客さんと認識しているからじゃないだろうか。

スタバのエプロンを着ていない時は「皆藤愛子」だが、着た途端に「スタバの店員」になる。

 

そういうことか。

目をじっと見て話をする、というのは、「スタバの店員」としてやっていることなのか。

 

まあ、皆藤愛子が、カメラをじっと見て喋るのと一緒だ。

テレビ画面の皆藤愛子を見て、「あ、やべ、俺、皆藤愛子と恋に落ちた」と言っている様なものだ。

皆藤愛子アナウンサー」と恋に落ちたのかもしれないが、「皆藤愛子」と恋には落ちていない、ということなのだろう。

 

「本当に、大丈夫ですよ。すいません、ご迷惑かけて」

僕はもう一度、言葉で背中を押す様に、店員さんに言った。

そして、申し訳なさそうに、ゆっくりと、彼女はレジカウンターに戻った。

 

「で、どうするの?」と言いながら、おぼっちゃまが顔を向けてきた。

 

続きます。