madajimaとの会話

たまたまここを訪れてくれた方を一笑い吹かせるために、赤の他人との「どうでもいい会話」や自分の「どうでもいい思考」を載せています。

銀座の恋活パーティで出会ったバンダナの子 その7

その1はこちら

あらすじは↓

12月22日にバンダナの子と会ったmadajima。

クリスマスイブに誘うしかないでしょ! と思ったが、バンダナの子は、madajimaを23日と、24日午前のセミナーに誘うことしか考えていないようだった。

どうしてそこまでセミナーに来て欲しいのか。

madajimaのことが好きだから? いやいや、まさかね・・・。

 

23日の正午に、待ち合わせの場所に向かうと、バンダナの子とムネリンと、年上の男性2人がいた。

 

開場するまで、セミナーの場所の近くで、5人で話していた。

「あ〜、新潟さんが前に出るんだよね〜! 楽しみ〜」とバンダナの子は心を踊らせている。

 

一方、僕は、この日のバンダナの子の服装に、心を踊らせていた。

グレーの厚手のワンピースで、お腹に太いベルトを巻いているので、身体のくびれが強調されていて、良い。

自分の好きな顔のモデルさんに、自分の好きなように脂肪をつけさせてもらったら、バンダナの子になるような、そんな感じだった。

なんだか、あまり魅力が伝わっている気がしないが、そこはマジで申し訳ない。

とにかく、ピシッとした感じよりも、ちょっとふわふわ〜もちもち〜とした雰囲気、身体、顔の子が、僕は好きなのである。

 

自然と、話題は、次の日に迫った、クリスマスイブの予定になった。

ムネリンが、「madajimaは、誰かとデートすんの?」と聞いてくる。

いや、俺にとっては、クリスマスイブとか、1年で12番目の月の、24番目の日なだけで、24時間の時が流れることに何も変わりがない、普通の日だから、特にデートのプランとかないよ。

僕がそう言うと、ムネリンは「え、なにそれ」と反応に困ったように笑みを浮かべた。

 

バツが悪くなった僕は、そう言うムネリンは、誰かと過ごす予定あるの? と聞いてみる。

「いや〜・・・」とムネリンは口を濁らせる。

「どうせいないだろ」とバンダナの子が茶化すように言う。

「あ、そういえば、バンダナの子、ネイルを変えた?」とムネリンは話題を変える。

「うるせー、話題を変えるな」

「良いじゃん、かわいいじゃん。見せてよ」

「黙れ、触るな」

バンダナの子は、差し出されたムネリンの手を払った。

そして、「元彼ぶるなよ」と吐き捨てるように言った。

「関係ないだろ」とムネリンは言う。

 

へえ。

ここで、やっと確定した。

やっぱり、二人は元恋人同士なのね。

ムネリンはいい奴だから、納得である。

いや、むしろ、ムネリンでよかった、と思う。

 

「そんな事言ってねえで、バンダナの子はさっさと彼氏作れよ」と、すでに結婚している年上男性の一人が言う。

ここで、バンダナの子は、どやりとした。

「私は、彼氏作ろうと思ったらいつでも作れるので。クリスマスイブも、3人に誘われたし」

「いや、受けようかちょっと考えたのが3人だったから、実際にはもっといたけど」と付け足す。

それから、少し下を向いて、声を小さくした。

「それに、今は、良い人、いるし」

 

僕は胸の中にサーっと冷たい風が吹いたような、苦しい感覚がした。

 

そうだよな。

地球は回っていたんだよな。

僕が葬式やらインフルエンザやらで暗い日々を送っている間も、時間は平等に人に与えられていたんだよな。

そりゃあ、僕が布団の中でもがき苦しんでいる間、バンダナの子のネイルは変わるし、メイクも変わるし、「良い人」もできるよな。

 

そこで、バンダナの子が、チラッと僕の方を見た。

ん?

僕も、パッと、バンダナの子を見た。

すると、バンダナの子はサッと、顔の向きを話している相手の方に戻した。

 

ん?

なんだ? 今の。

え?

なんで?

もしかして、「良い人いるんだよね」と言った時の、俺の表情を見たかった?

めっちゃ悲しそうな表情をしている俺の顔を、見たかった?

 

おほほ、それ、どういうこと?

 

もしかして、「良い人いるんだよね」っていうのは、ウソ?

っていうか、もしや、その「良い人」っていうのは、オレ?

 

おっとっと、こんなことを書いたら、真剣に、俺がキチガイに見られてしまう。

こんなこと、とてもブログに書けない。

書いているけど。

 

さて。

そんなダベりも終わり、時間になったので、セミナー会場に入った。

今までは、セミナー会場というと、レンタル会議室みたいな、入ってせいぜい150人ほどのスペースだったが、今回は、500人は簡単に入る、文化会館みたいな場所だった。

そうか、ここで新潟さんが喋るのか。

 

僕は、名簿に自分の名前とバンダナの子の名前を書いて、待った。

「初めてこのセミナーに参加する人は、紹介者と一緒に、前の方の列に座れるんよ」とバンダナの子が言う。

へー。

そういう仕組みね。

席に着くと、なるほど、前から2番目の列だった。

 

「あ、新潟さんだ」

席に着いてすぐ、バンダナの子が、壇上に上がる新潟さんを見つけた。

「挨拶しに行こー」と、バンダナの子に連れられ、新潟さんの所に向かう。

だが、どこから湧いて来たのか、新潟さんの周りにはあっという間に輪ができており、みんながみんな、必死に新潟さんに話そうとしている。

新潟さんが見えなくなる程だった。

 

ああ、こういうの、かったりー。

俺は別にそこまでして、新潟さんと話したいわけじゃないんだけど。

俺、イエス・キリストの近所に住んでいたとしても、絶対キリスト教を信じなかった自信がある。

並んでまでして、囲ってまで、イエス様の話を聞きたいとか、絶対しなかったわ。

 

でも、バンダナの子は僕に話してもらいたいらしく、わざわざ並ぶ羽目になった。

そして、やっと僕の番になった。

新潟さんは、いつも通り、屈託のない笑顔を見せていた。

「お! madajima、めっちゃ痩せたじゃん!」

いや、インフルエンザで、ずっと寝ていたので。

「えー、そうだったの? めっちゃ顔こけているよ」

ですよねー。ちょっと食べ始めます。

「ちなみに、インフルエンザは何型だったの?」と聞いて欲しかったが、聞かれなかった。

 

ここで、せっかくなので、僕のゲームのアイディアを言うことにした。

 

新潟さん、僕、今、自己啓発ゲームを作っているんですよ。

サラリーマンクンポケットって言って、自分の選んだ選択肢によって、自分のキャリアが決まる、みたいな。

こういうセミナーとか、読書とか、そういうので僕が学んだことをゲームにしてみよう、と思っているんですね。

そうしたら、このゲームをやった人が、いつの間にか学んでいる、みたいな。

 

「へー、面白そうじゃん!」新潟さんは満面の笑みで言う。

「できたらやらせてよ!」

ありがとうございます! また、何かあったら、相談させてくださいね!

 

僕は、新潟さんを囲っている、大勢の周りの視線を気にしてしまったので、早口で話して、そそくさと輪から抜けた。

 

いやー、短い時間だったとはいえ、なんだかかんだ、イエス・キリストと話せて良かったな。

じゃねえや、新潟さんとだった。

なにを言っても受け入れてくれる感じがして、安心する。

「インフルエンザ、新『潟』だったんですよ〜」と言っても、爆笑してくれそうな雰囲気がある。

そりゃあ、人も集まるよな。

イエス・キリストも、こんくらい良い人だったのかな。

ありがとう、とバンダナの子に言った。

「どういたしまして」と笑顔で返してくれた。

 

その後も、セミナーが始まるまで、随分と時間があった。

そのため、周りの席の人たちと話したりしていた。

その中に、筋肉ムキムキの人がいて、その人は僕と同様に初参加の人だったため、少し仲良くなっていた。

 

腕の太さとか、大胸筋の盛り上がりとか、半端ではないので、僕とバンダナの子で、「すごい、すごい」と言いながら、触っていた。

すると、筋肉ムキムキの隣の人が、「バンダナの子の胸も触っていい?」と言い始めた。

「ダメ!」と手で胸を隠すようにして、笑顔で拒否する。

すると、男の人が2、3人、どこからかやってきて、「え? 良いの?」と、揉むような手の仕草をしながら湧いてきた。

「え? どこからやってきた?」

「バンダナの子の胸を触らせてもらえる、ということで」

「ダメなので!」 

 

ムムム。

僕は、顔の筋肉で愛想笑いをし、心の筋肉でしかめっ面をした。

かったるいぜ、ここら辺。

どういうキャラを目指そうが、本人の勝手だが、バンダナの子には、そういうキャラでいて欲しくないなあ。

いや、冗談ってのはわかっていますよ?

でもね、周りの男に、そういう冗談を言われるような子であってほしくないんですよね。

どういうキャラを目指そうが良いですけどね、本人に任せますけどね。

嫌だねー、こういうのは。

え? 矛盾している?

ムムム。

よくわからんですよ。

 

バンダナの子の周りにいる人は、俺の嫌いな人が多いなあ。

バンダナの子の「良い人」ってあの中にいるのだろうか。

このコミュニティの中にいるのだろうか。

そして、俺は、バンダナの子にとってなんなのだろうか。

 

セミナーが始まった。

 

続きます。