madajimaとの会話

たまたまここを訪れてくれた方を一笑い吹かせるために、赤の他人との「どうでもいい会話」や自分の「どうでもいい思考」を載せています。

銀座の恋活パーティに行ってきた その9

最初から読みたい方はこちら

面倒な人はあらすじ↓

銀座の恋活パーティで知り合ったかわいいバンダナの子に、300人参加のキャンプに誘われたが、きっぱりと断ったmadajima。

新たに誘われた『新潟の師匠』さん主催の経済塾と、バンダナの子主催の読書会に参加することになった。

月一回の経済塾が開催される、火曜日になった。

一体、経済塾では、どんなことが教えられるのだろうか。

一体、どんな雰囲気なんだろうか。

講師の『新潟の師匠』さんは、一体どんな人なんだろうか。

僕は、そういうところばかりを考えていた。

だが、それ以外のことを考えなくてはならなくなった。

 

バンダナの子の、友達である。

待ち合わせ場所で会ってすぐ、「経済塾の開場まで時間があるから、友達紹介するね〜」と言われた。

あ、まじで? とだけ言った。焦ったそぶりを見せないように。

また、「講義形式じゃなくて、グループディスカッションとかあるから、事前に知り合っておいた方がいいでしょ」とも言った。

お、まじで? とだけ言った。焦ったそぶりを見せないように。

 

経済塾が行われる場所の前まで行くと、若い男女数人がたむろしていた。

バンダナの子は、彼らに駆け寄ると、女友達に抱きついたり、男友達の頭を叩いたりしている。

ああ、いいなあ。

とか、思ったりなどしていない。

僕も抱きつかれたいなあ、叩かれたいなあ。

とも、思っていない。

逮捕されたいなあ。

僕が思っているのは、それだけである。

 

冗談は置いておき、彼らは本当に仲がいいのだな、ということはすぐにわかった。

聞くと、皆、地元の高専の同級生だという。

おお、それは、それは。

同級生とそこまで親密とは。

すると、男友達の方が、僕の目をじっと見つめた後、僕に腕を回してきた。

そして、何も言ってこなかった。

そのまま10秒ほど経った後、「ちょっと、背が低いんだから、ちゃんとmadajimaの肩に届いてないよ」とバンダナの子が茶々を入れた。

「届いているわ!」と、その男友達がツッコミを入れる。

 

こいつ、良い奴だな、とすぐに思った。

人懐っこい性格と、あと顔つきが、ソフトバンク・ホークスの川崎宗則にやたら似ているので、彼のことをムネリンと呼ぶことにする。

おそらく、ムネリンは、バンダナの子から「madajimaは大人数が苦手、つまり若干の人見知り」みたいなことを事前に聞いていて、僕が居やすくなるように、わざと馴れ馴れしくしている感じがした。

自然にやっている感じじゃあないな、と。

その優しさに、少し感動してしまった。

ムネリン、お前、男前だな。

と、つい口から出てしまったほどだ。

ムネリンは「知ってる」と答えた。

 

さて、経済塾が開場したので、1500円を払って会議室的な場所に入った。

ほぼ一番乗りだったため、バンダナの子とムネリンが、一番前の一番左の方の席をとった。

それから、バンダナの子に連れられ、『新潟の師匠』に挨拶しに行くことになった。

『新潟の師匠』さんは、適当に挨拶を交わしたが、愛想笑いをするでもない、淡々とした、自信にみなぎった人だな、という印象がした。

挨拶を終えると、僕の後ろには、『新潟の師匠』に挨拶をする人たちの列ができていることに気づいた。

なんなんだ、これ。

なんで、挨拶の列ができてるの。

そんなにすげえ人なのかよ。

なんとなく、違和感を抱いた。

 

僕とバンダナの子は、先ほどとった、一番前の一番左の席に戻った。

隣にはムネリンがいて、バンダナの子と、女友達はすぐ後ろに座っている。

講義が始まるまで、ムネリンが次々と笑わせてくるので、気が楽だった。

 

『新潟の師匠』の講義が始まった。

経済塾を始めたきっかけだったり、自身の生まれ育ちだったり、会社の経営をやっているという近況だったり、まずはそういうところを話した。

そういったことを話しながらも、聞いている人たちがつまらなくならないよう、笑いをどんどん入れてくる。

また、経済塾なので、今の仕事や、ビジネスの為になるようなことを挟んでくる。

 

そんな感じで、講義は至って普通である。

むしろ楽しい。

それはいい。

それはいいんだが。

それを聞いている人たち、会議室満杯に入っている50人全員の様子が、どうもおかしい。

 

だって・・・。

ちょっとした笑いなのに、皆爆笑しすぎでしょ・・・。

ちょっとした知恵なのに、皆ウンウン頷きすぎでしょ・・・。

「アーーソッカーー」ってそんな熱を持って言わないでしょ・・・。

なにそのオーバーリアクション・・・。

気味悪いな、これ・・・。

 

ただ、救いだったのは、『新潟の師匠』に、エセ宗教の教祖っぽい雰囲気というか、民衆を煽動するような感じが一切なかったことだ。

「ああしろ」「こうしろ」といった口調ではない。

どちらかといえば、あっけらかんと、適当な感じ、冷めた感じで話していた。

ひたすら異常なのは、それに反比例するような、聞いている人たちの熱である。

 

肝心のバンダナの子はというと、後ろに座っているので表情はわからなかったが、耳をすまして聞く限り、いつものリラックスした感じで、声をあげて笑ったりしていた。

俺のジョークにはあまり声を出して笑ったりしないのに、これには笑うのか、と思うと、悲しくなった。

お、俺も、笑いのセンスで負けて、い、いないんじゃないか。

  

2時間の、楽しいけれども違和感たっぷりな講義が終わり、外に出た。

ここで、銀座の恋活パーティでバンダナの子と一緒にいた、「バンダナじゃない子」と再会した。

いや、「バンダナじゃない子」は呼びづらいな。

まさか、再び会うとは思わなかったので、パーティの時に名前をつけなかった僕が悪いのだが、「バンダナじゃない子」はちょっとやめておこう。

その子の見た目は、榮倉奈々の背を低くし、ぽっちゃりさせた感じなので、「榮倉の子」と呼ぶことにする。

ほら、「バンダナの子」と名前の一貫性を持たせるためにね。


榮倉の子とは、恋活パーティからは、約1ヶ月が経っていて、なんとなく感慨深かった。

あちらは「久しぶりー!」と手を振ってきて、なんだか女子高生みたいだった。

そして、なんとなく、あの時よりも可愛くなっていた気がした。

あの時よりも、優しそうな雰囲気が、にじみ出ている。

初対面と、2回目の差はでかいのだな。

なんだかいいね、こういうの。

 

だが、ここでも、アレが来た。

違和感である。

バンダナじゃない子が連れて歩いていたのは、バンダナじゃない子と縁が無さそうな、鼻毛がボーボー出ていて口をあんぐり開けた、変な男だったのだ。

え? なんで?

もしかして、その人が、バンダナの子で言う、俺的存在なの?

も、もしかして、その人、あの銀座の恋活パーティで会った人?

こ、こえーわ。

違和感だわ。

 

帰り道、駅までみんなで歩いていた。

僕は、前回の「キャンプ前夜会」とは違い、あまり愛想笑いはしていなかった。

それは、比較的少人数だったおかげもあるかもしれないし、あるいはムネリンのおかげかもしれない。

すげえなあ、ムネリン。

さすが、ムネリンは大リーグに行っても、あちらの選手たちとめちゃくちゃ仲良くしていて、米メディアにも取り上げられていただけのことはある。

あ、それは、本物のムネリン、川崎宗則のことか。

 

そんな冗談は置いておき、みんなから、再び背の低さをいじられているムネリンに、なんとなく、身長を聞いてみた時だった。

すると、アレが来た。

違和感である。

 

ムネリンは「え? 身長? ・・・164センチ」と小さい声で、うつむきながら言った。

その数字に、僕はピーンときた。

皆さんも、ピーンきましたか?

そうですよ。

恋活パーティの時にバンダナの子が言っていた「私より3センチしか高くない、身長164センチの元彼」って、ムネリンのことじゃね? っていうことですよ。

うわー、絶対、そうでしょ。

地元で一緒の学校に行っていたみたいだし、なんとなくお似合いだし、そうとしか思えない。

 

いやー、でも、マジか、それは。

仲良いな、それにしては。

元彼にしては、仲良いな。

んー! 別に、ショックとか受けてない、全然。

え? だって、ムネリンのことは、逮捕とかしてないよね?

あー、別に、逮捕してたとしても、いいよ、別に。

ぶっちゃけ、なんとも思っていない。

ムネリン、男前だし。

全然、別に、いいよ。

そういうの、気にしないから。

ただ、違和感だわ。

 

そんなこんなで、経済塾は違和感が多く残りながら、終わった。

勉強になることがあったし、ムネリンと仲良くなったし、榮倉の子と再会したし、その他のバンダナの子の友人と知り合えたが、何かがおかしい。

うまく説明できないが、何かがおかしい気がする。

 

次は、バンダナの子主催の、読書会である。

 

続きます。