madajimaとの会話

たまたまここを訪れてくれた方を一笑い吹かせるために、赤の他人との「どうでもいい会話」や自分の「どうでもいい思考」を載せています。

銀座の恋活パーティに行ってきた その3

その1その2のあらすじ

緊張した中、会社の同僚T君と、恋活パーティに行ってきたmadajima。

財布を失くしたり、見つけたり、女性と話したり、T君と話したり、色々あったが、結局連絡先を交換したのは2人だけ。

ただ、その中の1人は、パーティで一番気に入った、バンダナのかわいい子であった。

「量より質」「ターゲットはいつも一つ」が合言葉のmadajima、バンダナの子との運命やいかに。。。

 

パーティが終わる前にそそくさと帰り、T君と一緒に電車に乗った。

あー、バンダナの子になんてメッセージ送ればいいんだろ。

僕が、そうつぶやきながらうじうじしていたところ、「悩んでいる時は送らない方がいいよ」とT君が言った。

そうか、確かにそうだな。

T君が、いつものように背筋を伸ばし、とぼけた顔でそう言うので、僕は妙に安心感を覚えた。

僕より5歳年上で、いろんな経験をしているだけに、そういうことを確信を持って言えるのかな、と感じた。

やはり、持つべきは年上の友達である。

あ、T君のイニシャルは「年上の友達」から来ていないけどね。「とぼけた奴」からだけどね。

 

その夜は、麻生十番のブリティッシュパブに行って飲み食いをし、終電で自分のアパートに帰った。

そして朝起きて、バンダナの子にメッセージを送った。

「昨日面白かったね! あの後、二次会とか行った? あ、おれT君と一緒にいた奴ね^^カシオレ持って来た奴^^」

このメッセージ送った時に、すごく緊張していたのを覚えている。

そして、今振り返ると、「あの後二次会に行った?」という質問は、あまり適切なものとは思えない。

自分自身も、この質問でどんな情報を得たかったのかはわからない。

ただ、とにかく、自然に会話をつなげたかったのだ。

少なくとも、「バンダナ、似合ってましたね。どこで買ったんですか?」とかよりはマシだったはずだ。

 

その日、メッセージは返って来ず、既読にもならなかった。

恋活パーティは、連絡先交換しても、すぐにブロックされることが多い、と聞いていたので、あまり期待していなかったし、まあ、そんなものか、ブログのオチにしては弱いが、まあしょうがないかなー、と、自分を慰めていた。

 

ところが、次の日の深夜、僕が寝た後、メッセージが来た。

「わー遅れてすいません! もちろん覚えてますよー! 昨日はありがとうございました! 今日はお仕事でしたか??」

もちろん、二次会についてはスキップだった。

が、返信が来ただけでも驚いたし、嬉しかった。

そして、ここでご飯にお誘いした。

「パーティで会って、今度ゆっくり話したいなあ、って思ったんだけど、近いうちにご飯に行かない?」

 

それから、返信は3日後だったりしていたけど、内容はポジティブで、次の週の金曜日の夜7時に渋谷で会うことになった。

 

渋谷の店をあまり知らない僕は、ひたすら店を調べまくった。

カシオレを飲んでいたところから、お酒が好きな子ではない気はしていたので、レストラン系をインターネットで探したり、職場の女性に聞いたりした。

ただ、予約はしなかった。

予定をなるたけフレキシブルにしたかったし、二人で会うのが初めてなのに予約は、ちょっとやりづらかった。

また、相手の苦手な食べ物などもまだわからなかったから、リスキーに感じた。

なので、狙いのレストランが混んでいることを考え、様々なプランA〜Eを用意し、また、そのレストランの場所を最短距離で繋ぐルートを頭に入れ、準備万端で当日を迎えた。

 

「良いね、そのバンダナの子。愛されてて」

僕が渋谷のレストランについて聞いた職場の女性が、緊張している僕をからかうように、そして少しうらやむように、そう言った。

だが、大好きだからそういう準備をしている、というより、バンダナの子がまだどういう子か全然わからないから、どうなっても対応できるようにしたかっただけだった。

せっかく会ってくれるのだから、彼女にとって楽しいひとときになってくれれば。

モチベーションの元を辿れば、全てそこに行き着く。

そのために、やるだけのことはやっておきたかった。

 

実際、15時頃にメッセージが来て、「今日18:30に行けそうです! 大丈夫ですか?」と聞かれた。

急いでオフィスを出れば、間に合う。

予約しないでよかったな、と思った。

 

渋谷の駅を出ると、なかなかの雨が降っていた。

予想は曇りだったのに、自分は尋常じゃない晴れ男なはずなのに、ついていない。

傘の間を縫うように歩き、待ち合わせ場所で彼女を見つけた。

傘の下からのぞかせた顔を見ると、驚きの連発だった。

髪みじか! バンダナしてないな! でもかわいいな! え? こんなかわいかったっけ??

 

会えたことで僕の緊張は少しほぐれたが、あちらの表情はどこか少し渋い。

あいさつを交わし、何食べたい? とまず聞いた。

すると、「んー、かるく」と返って来た。

あー、そう?

あ、もしかして、もはや帰りたがっている? とショックを受けていることを悟られないよう、キョトンとした表情で僕は答える。

「わたしお酒飲まないので、居酒屋はないですね」

あ、そうだよね。

それは想定済みですぜ、とドヤりとしていることを悟られないよう、キョトンとした表情で答える。

「雨なので、近くが良いですね」

うんうん、そうだね。

え? もはや面倒くさくなってる? と不安になっているのを悟られないよう、キョトンとした表情で答える。

 

大丈夫、プランA〜Eは渋谷駅から500メートルほどである。

バンダナの子の靴はスニーカー的なやつだし、500メートルは近いに入るだろう。

適当な会話を弾ませながら、僕たちは順調に歩を進めていた。

つもりだった。

「あの、店ってまだ先ですか?」

歩き始めて100メートルほどでそう言われたのだった。

確かに、金曜日の夜で人が多く、傘がぶつかり合うこの感じ、気持ちいいものではない。

ま、まずいな。

あと400メートル、このままもつわけがない。

僕はその瞬間、プランA〜Eをバッサリ切り捨てて、プランFを即座に作った。

とりあえず目に入った店に入る、である。

 

続きます。