madajimaとの会話

たまたまここを訪れてくれた方を一笑い吹かせるために、赤の他人との「どうでもいい会話」や自分の「どうでもいい思考」を載せています。

元気がない時のラーメンの食べ方

元気が出ない。

やる気が出ない。

あーーーもーーー。

 

そんな時に行くようになったラーメン屋がある。

何でもない、横浜家系のチェーン店なのだが、スタッフの9割を占める中国系の方々が元気で、笑顔が素敵だし、味も良いので、行くようになった。

ラーメンを食べ終わり、店を出ると元気が出てくるので、僕にとっては最高の薬である。

 

そして、今日も行ってきた。たったさっき。

まあ、元気が無いので。

 

でも、残念ながら、何だかこう、いつも感じる「うまい!」って気分がなかった。

もちろん、元気も出なかった。

ああ、何でだろうか。

せっかく、行ってきたのに。

 

一番最初に行ったときも、ラーメンを食べるまで元気が無かったことを、よく覚えている。

その時は、ずっと味を噛み締めていたいくらいにラーメンがうまくて、泣きそうになった。

今日も、その時と同じ豚骨玉子、お好みも麺柔らかめ + 脂少なめにしたのに、あの時の感覚とは雲泥の差である。

シェフの腕のせい? 慣れてしまったせい?

 

ああ、と気づいた。

ラーメンを食べている間、僕がスマホに夢中になっていたからなのだ。

 

確かに、最初に行った時は、たまたまスマホを家に忘れて行った。

だから、考えているのはラーメンだけで、ラーメンの味が100%頭に入ってきていたのだ。

でも、今日は、20%ラーメン、80%スマホ、という程度だった。

つまり、僕はラーメンを食べに行ったというより、「ラーメンを食べるという処理」を行なっただけだったのだ。

それでは、元気が出るわけもない。

 

そう考えると、最初の時も、「ラーメンを食べたから元気が出た」わけでは無く、「ラーメンをゆっくり味わったから元気が出た」のである。

今回は、腹においしいラーメンが溜まっただけで、その味を味わうことができなかった。

悲しいな。

目を閉じて、ゆっくり食べれば良かった。

悲しいぜ。

スマホの見過ぎのドライアイで、涙も出ないぜ。

 

なんて考えたら、なおさら元気が無くなってきた。

あーーーもーーー。

せっかく、ツッコミ上手な友達とPodcastを始めたのに、それに関してブログを書くやる気が出ないよー。

 

 

www.youtube.com