読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

madajimaとの会話

たまたまここを訪れてくれた方を一笑い吹かせるために、赤の他人との「どうでもいい会話」や自分の「どうでもいい思考」を載せています。

アルビ三浦文丈監督の休養(辞任)について

遅ればせながら、三浦監督の休養について。

5月5日の川崎フロンターレ戦で0-3で負けた後、「何かを変えなくてはいけない。あとでゆっくり考える」と記者会見で話していたけど、まさか、「ゆっくり考えた結果、変えなくてはいけないのは監督だと思ったので、辞任します」となるとは思わなかった。

それに対してクラブ首脳陣は、「いやいやちょっと待って、あなたを監督に選んだのこっちだし、こんな早く辞任させちゃうのは申し訳ないから、ちょっと休職で様子見ましょうよ」という方向を選んだようだ。

 

僕は、結果が出ない中も三浦監督を擁護してきたため、非常に残念だ。

川崎戦、解説者が「新潟はここ数年、試合内容が良いのに勝てない、もったいない試合が多くて、非常に惜しい」みたいなことを話していた。

そして、それは今年も同じだった。

点差が離れる試合があったりしたが、点差ほどに実力は離れていなかった。

ほんの少しのズレ、不運でやられてしまうことの方が断然多かった。

そういう、ここ数年引き継いできてしまっている運の流れみたいなものを、現監督の責任に負わせるのはかなり酷である。

だから、現段階で、監督に問題があるとはそこまで思えなかった。

 

とは言え、そういう細かな運に左右されないレベルまで、チームの実力を持って行くのも監督の仕事である。

そういう点で見ると、確かに、監督の仕事ぶりの中でいろいろなところに疑問符がついていた。

え? 戦術一本槍すぎない? え? その選手交代? え? キャプテン試合に出さないの?

だが、それでも、監督を代えるほどでもないかな、とは思っていた。

昨年からスタメンが8、9人変わったわけで、歯車が合い始めるのに時間がかかるのは当然だと思っていたし、監督自身もそう思っているんだろうな、と信じていた。

だから、この辞任の申し出はショックだし、残念だ。

 

 

話はガラッと変わるが、僕は今彼女とうまくいっていない。

詳細を省くと、彼女は、彼女自身が僕の負担になってしまっていると思っているようで、なかなかツラいようだ。

お金にしろ気持ちにしろ、全てにおいて五分五分じゃないと気が済まない彼女は、五分五分になっていない現状況の中、だんだんと口数が減り、僕から距離を取り始めている。

まだ、デートし始めて1ヶ月とかなのに。

生まれ育ちの国すら全く違う同士のわけだし、そのあたりの「居心地の良さ調整」は気軽に時間をかけて行われるべきだと思うけど、彼女も僕も、関係に関して妙に真面目になってしまい、時が経つにつれ歯車が空回りしてきてしまっている。

 

ここで怖いのが、彼女が「辞任」を申し出ようとしているかもしれないことだ。

それだけは絶対に避けたい、避けなくてはならない。

だから、もしその申し出があったら、僕は「休養」をお願いするだろう。

せっかく一度好き同士になったわけだし、ここで別れちゃうのはもったいないでしょうよ。

だから、とりあえず一定期間会わないようにして、それでも会いたくなくなかったら、別れましょうよ。

時間が経ち、やっぱりお互いが必要だと思ったら、もう一度付き合いましょうよ。

 

ここ数年、僕は、「試合(デート)内容は良いのに結果的にはうまくいかなくて、もったいない」付き合いが多い。

この「運の流れ」の正体が一体何なのかはわからないが、必死にもがいて、失敗を繰り返しながら、それを掴んで行くか、それとも、そういう「運の流れ」などに左右されないほどの実力を手に入れて行くのか。

一体、これからどうなってしまうんだろうか。

 

あーあ、悲しいな、辛いな、怖いな、不安だな。

それでも、次の試合(デート)は待ってくれない。

ベストを尽くしかないんだよ。

それでだめだったらしょうがないんだよ。

頑張ろうぜ、アルビ(俺)。

今こそ、新潟県民の底力を見せる時だな。