読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

madajimaとの会話

たまたまここを訪れてくれた方を一笑い吹かせるために、赤の他人との「どうでもいい会話」や自分の「どうでもいい思考」を載せています。

雨のSwitch

晴れ男やら雨女やら、そういう風に自分をカテゴライズする人たちがいる。

僕もその一人だと思われがちである。

だが、残念ながら、そうではない。

僕はそのカテゴリーを超越している存在だ。

 

僕は、天気に愛されているのだ。

 

昨日、僕が買ったマリオカート8デラックスを一緒に遊ぼうと、友人のショーン君と代々木公園にいた。

だが、連休の始まり、良い天気も手伝って、思ったよりも人が多く、Switchを置いて遊べる良い場所がなかなか見つからない。

人が少ないところを探して、粘って粘って奥まで歩くと、売店の隣に休憩場みたいなところがあった。

三角の屋根の下に木製のテーブルとベンチが4組ほどある、キャンプ場にあるような場所だ。

あまり人がいないし、売店で飲み物も買える。

いいねいいね、と言いながら、僕たちはビールを買ってから空いていたテーブルを取り、Switchを置いてマリオカートを起動した。

「おお、触ったらめちゃくちゃ欲しくなって来た」と起動画面からテンションが上がるショーン君。

ジョイコンを差したり抜いたりするだけで嬉しそうだった。

だが、そんな風に触り始めて1分も2分もしないうちに、風が強くなって来た。

雲行きも怪しくなってくる。

あれ? 今日の予報、快晴じゃなかったっけ?

そしたらなんと、雨がどっさり降って来た。

さっきの景色とはうってかわって、雨つぶで外の景色が見えなくなっている。

うわーすごい雨だー、と子どもの声がする。すごいスコールだね、と言う声もある。

間もなく、屋根を求めて、公園からどっと人がやって来た。

さっきまで人がまばらだった休憩場は、あっという間に人でいっぱいになった。

いつ雨が止むのかと、皆心配そうに外を見つめている。

そんな中僕らは、悠々とビールを飲みながら、マリオカートのキャラクターをどれにするか選んでいた。

 

もし、雨が5分早く降っていたら。

もし、僕たちは混雑した公園の中、芝生に座ってゲームしようとしていたら。

僕たちは雨に濡れ、もしかしたらSwitchも濡れ、休日は台無しだったかもしれない。

だが、雨が降り始めるのを待ってくれたおかげで、僕たちは完璧な休日を手に入れた。

僕は晴れ男などではない。

雨が、僕を愛しているのである。

 

その帰り道、最寄りの地下鉄駅で電車を降りた時、雨がパラパラと、気づくか気づかない程度に降ってきた。

まあこれくらいなら大したことないだろう、と思ってテクテク歩いていたが、なんだか次第に雨が強くなって来た。

あー、なんだよ、なんでおれが地下鉄から降りた途端に雨が強くなるんだよ。

雨は、僕を愛しているんじゃなかったのか。

明日、おれがいかに天気に愛されているかブログで書こうと思っていたのに、これじゃ嘘をつくことになるじゃないか。

いや、そんなことはどうでも良い。徒歩7分のこの道をとにかく突っ走るんだ。ブログで何を書くかはまた後で考えれば良い。

リュックの中にあるSwitchが濡れないか心配しながら、次第に強くなる雨つぶをひとつひとつを避けるように走って行った。

大通りを曲がって自分のアパートが見えると、僕は疲れたので歩き始めた。

すると、郵便のバイクがアパートの前にあるのが見えた。

郵便。。。

バイク。。。

ピーン!

頭の中で何かがひらめき、あっ、と僕はつい口から声が出てしまった。

そういえば、今朝、Amazonお急ぎ便を注文していたんだった。

だから、あれは、僕の部屋に届ける荷物なのでは。

そうだ、きっとそうだ、そうに違いない。

僕は再び駆け出した。さっきよりも速く。

走って、走って、アパートの前に着いた。

そしたら、ちょうど郵便の人と鉢合わせのような形になった。郵便屋さんはAmazonダンボールを持っている。

「あの、これ、555号室ですか?」と多少息切れしながら、僕は聞いた。

「え、あ、え、はい」

郵便屋さんは疑っているように見えた。

「僕です、僕」

少し焦りながら、僕は自分を指差す。

郵便屋さんの疑った目は逆に強まったが、疑う理由も無い、と気付いたようだった。

「あ、それでは、不在者通知をポストからとってもらったら、お部屋まで行きますよ」と対応してくれた。

不在者通知を手渡し、オートロックを開け、エレベーターの中に郵便屋さんと入る。

僕は嬉しかった。どうしてもこの荷物を今日中に受け取りたかったからだ。

「いやー、よかったです、雨が降って来たので走って来たら、ちょうどよかったです」と僕が言うと、郵便屋さんは愛想笑いをしてくれた。

「いやー、よかったです、これで、僕がいかに天気に愛されているか、明日ブログに書けます」とは言わなかった。

「いやー、よかったです、これが届いたので、マリオカート8 Deluxeのプレー動画をYouTubeにアップロードできるようになります」とも言わなかった。

 

と、いうことで、僕のYouTubeチャンネルにSwitchのプレー動画をあげ始めましたー

最初は多少お粗末かもしれませんが、お許しをー。

っていうか、すぐに飽きると思うので、チャンネル登録はしない方がいいですよー。