madajimaとの会話

たまたまここを訪れてくれた方を一笑い吹かせるために、赤の他人との「どうでもいい会話」や自分の「どうでもいい思考」を載せています。

アルビの選手、僕的考察 - 原輝綺はケツをデカくして先生ボランチを目指せ

さて、今回は、名前通り輝きを放っている原輝綺くんである。

これを書いている時点で、まだ厳密には高校生だ。

それでいて、アルビレックス新潟で開幕4試合スタメンを張り続けている。

僕の高校3年生の春休みなど、大学受験の結果で自分の将来に絶望しか抱いていなかったが、この少年はクラブの未来に希望をもたらす役割を担っている。

チームの先輩たちには物怖じせず、中央で指を出して指示を出したりしているのだから、大したものだ。

ボールを持ってもそこまで慌てることなく、冷静に判断する姿は、風格すらある。

 

僕は、守備的中盤の選手には、大雑把に3つのタイプがあると思う。

優等生、問題児、先生だ。

優等生は、頭の良さが売りで、ピッチを俯瞰して分析し、味方の守備の穴を埋め、攻撃の糸をつなぐような、気の利いた選手。

問題児は、身体が強く、当たり負けしない。負けん気があって、時々怒りをあらわにもする。気持ちでチームを引っ張る選手。

先生は、そのどちらも兼ね備えた選手だ。

 

その分類で言うと、今の原輝綺は優等生である。

ボールを常に片目で見て、相手選手、味方選手の立ち位置に気を配っている。

だが、これまでの4試合を見て、「原くんには先生になってほしいな、あわよくば問題児になってもいい」という思いがある。

今の日本には、優等生か問題児に偏った守備的中盤しかいないからだ。

年代別に見ると、ベテランには遠藤保仁中村憲剛と言ったボール扱いがうまい優等生が多く、若手には橋本拳人、井手口といった問題児が多い。

だが、先生がいない。

そして、世界には先生ばかりである。

優等生も問題児の要素があるし、問題児にも優等生の要素がある。

だから、今のような優等生であっても、頭一つ抜け出すのは難しいだろう。

今でこそ世代別日本代表でスタメンを張り、U-20W杯にも出場するのだろうが、その先、問題児らしさも兼ね備えて、教員免許をとり、世代を超えた日本トップクラスを目指して欲しい。

とりわけ目標にして欲しいのは、チェルシーのヌゴロ・カンテみたいな、小さいけどもよく走り回り、視野が広くてパスミスが少なく、タックルしまくる選手である。

 

では、問題児には、何が必要か。

筋肉である。

「日本人は元々筋肉が無いから・・・」なんていうのは妄想である、言い訳である。

ジムに行けば、欧米の人よりもムキムキな人はたくさんいる。

要は「筋肉をつけよう」という意識だ。筋肉をつける技術の問題だ。

特に日本人に足りないのは、ケツの筋肉である。

たぶん土でずっとサッカーをしてきたから、踏ん張るときに筋肉がいらなかったのだと思う。

気持ちでも身体でも問題児になるには、ケツの筋肉が絶対に必要だろう。

あと、以前にアメリカの映画を見た時、女性が「キャー、あの人のお尻超セクシー!」と盛り上がっていた。

このとき初めて、女性も男性のお尻が好きなことを知った。

だから、モテるのもモチベーションにして、頑張って欲しい。

 

なーんて思っていたら、今シーズンのJリーグ選手名鑑で、本人のコメントに「目標はケツをデカくすること」と書かれていた。

すごい、本人も自覚しているのか。

自分が18歳の時など、一体なにをでかくしようとしていたことか。

「モテたいから」という理由だったとしても、僕は原くんのケツデカプロジェクトを応援しています。