madajimaとの会話

たまたまここを訪れてくれた方を一笑い吹かせるために、赤の他人との「どうでもいい会話」や自分の「どうでもいい思考」を載せています。

ニトリのオープン記念品

先日、オフィスの近くでニトリが開店することを知ったため、会社の昼休みに行ってきた。

敷布団カバーを買いたかったのもあるが、「開店の日に行ったら、オープン記念品がもらえるんじゃないかな」という狙いもあった。

だが、店はなかなか混んでいて、店の入り口でオープン記念の物を手渡しているような店員さんは見当たらない。

まあそんなものか、と思いつつ、僕は敷布団カバーを見つけて、レジに持っていこうとした。

すると、「あのー、すいません」と声をかけられた。

振り返ると、髪がぼさついた、メガネの男性が立っている。

「開店に伴い、今アンケートをしていまして、よかったら5分ほどお時間いただけますでしょうか」と丁寧に説明をする。

僕は「あ、ちょっと待ってください」と言って、昼休みの時間が残っているかをチェックした。5分はギリギリである。

「あの、お答え頂けたらこちらを差し上げますので」

メガネのニトリの社員さんは、手提げ袋から立派なペアコップを見せた。

「オープン記念」と書いてある。

僕はニヤけが止まらなかった。

ここまで狙い通りのことが起きるなど、人生でなかなかない。

しかも、僕が期待していた以上の記念品である。

僕はニヤけたまま「いいっすよ」とうなずいた。

社員さんは「本当ですか!」と喜んだ。ノルマとかあるのかもしれない。

始めの方のアンケートの内容は簡単だった。開店はどこで知ったか、スマホでよく使うアプリは何か、みたいな内容だった。

だが、アンケート用紙の裏面になると、「家具はどの店で買いますか」と書いてある。

その店の選択肢が、この近辺の家具チェーン店ばかりだったのだ。

僕は、この近辺に住んでおらず、通勤で来ているだけである。

やむなく「その他ですね」と言う。

ただ、ニトリの立場からすると、ここら辺に住んでいる人の「その他」と、ここからだいぶ離れたところに住む僕の「その他」では、だいぶ意味が違うはずだ。

その質問で欲しかったデータは、あくまでこの近辺の人たちの家具の買い物場所の傾向であるはずなのに、遠く離れたところに住んでいる僕が入り込んでしまったら、よろしくない。

カジュアルな服装だった僕を、この近辺に住む大学生とかに間違えたのかもしれないが、残念ながら僕は、ニトリが狙っていたアンケートの対象の人ではなかった。

ニトリの社員が僕のところに来た狙いは、大外れだったのである。

僕がニトリに来た狙いは、大当たりだったのに。

ニトリが損して、僕だけがやたら得してしまっていることを考え始めたら、アンケートの後半は、僕のニヤけが止まらなくなった。

それを見て、だんだん店員さんもニヤけ始めた。「え? なんでそんなに笑いながら答えてるの?」と聞きたそうでもあったが、単純に可笑しく思ってくれているようだった。

そして、アンケートも終わった。

「お時間ありがとうございました。では、このコップ、お使いください」

社員さんはまだニヤけている。

僕のニヤけが伝染し、この人もニヤケを止められなくなっているようだ。

なんだか申し訳なく、恥ずかしくなった僕は礼を言い、スタスタとレジで会計を済ませ、店を後にした。

 

オフィスに戻り、僕のデスクへ向かう途中、上司にギロりとにらまれた気がした。

それは昼休みをオーバーしたからなのか、それともまだニヤニヤしていたからなのかは、よくわからない。