読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

madajimaとの会話

たまたまここを訪れてくれた方を一笑い吹かせるために、赤の他人との「どうでもいい会話」や自分の「どうでもいい思考」を載せています。

アルビの選手、僕的考察 - 大野和成はゴキブリCB

サッカー

実は、最近、ブログランキングというのに参加した。

アクセス数を増やすためだ。

僕のブログが入っているランキングのカテゴリーは「サッカー」である。

そして、実はなのだが、最近このブログはサッカーについて全然書いていない。

おならとか、シロクマとか、コナミの話しかしていない。

ただ、サッカーの話をある程度しないとそのブログランキングの違反になるようなので、週に一度はサッカーの話、主に僕の地元クラブ、アルビレックス新潟について書こうかな、と考えている。

また、僕はアルビファンである前にサッカーファンなので、サッカーをよく知らない人にもおもしろいように書けたらと思う。

 

さて、今シーズンのアルビの主将は、大野和成だ。

1対1に強いというより、カバーリングがうまくて速いセンターバックだ。

例えるなら、カブトムシというより、ゴキブリのようである。

相手ストライカーに裏に抜け出されて危ない! というときに、大野がカサカサカサと近づき、スライディングしてボールをクリアして窮地を脱す、というシーンが何度も何度もある。

あのアプローチの速さといったら、ゴキブリ以外の何ものでもない。

ただ、身長はそこまで高くなく、筋力もそこまでないので、ゴール前の空中戦で存在感を発揮することはない。よって、カブトムシにはなれない。

その分、カサカサと素早く移動して良いポジションを取り、うまく競ることができる技術はあるので、ゴキブリはゴキブリらしく、その道を極めてほしい。

ちなみに、去年のセンターバックの相棒は、カブトムシの舞行龍ジェームズだったが、今年は同じくゴキブリの冨澤清太郎なので、サイドバックにカブトムシの矢野貴章酒井宣福を持ってきて、高さと強さを補完している。

このカブトゴキゴキカブトの布陣が吉と出るか凶と出るかは、これからの試合でわかるだろう。

地元新潟の上越市出身の大野は、年を追うごとに成長し、ファンにも愛されるようになってきた。

また、主将なのに滑舌の悪さをよく指摘されているイジられキャラで、選手間でも愛されている。

こういう選手が息長く現役生活を続け、チームに長く残ってくれれば、嬉しい限りである。

なお、ゴキブリは40分間息を止めることができるらしい。

http://www.jleague.jp/img/cache/2017/niigata/player/800131_l.jpg

 

大野 和成:アルビレックス新潟:Jリーグ.jp