madajimaとの会話

たまたまここを訪れてくれた方を一笑い吹かせるために、赤の他人との「どうでもいい会話」や自分の「どうでもいい思考」を載せています。

Jリーグが足りない

ああ、Jリーグが足りない。

2月はたいてい元気がなく、イライラしがちなのだが、それはカルシウムが足りないのではなく、Jリーグが足りないからだと思う。

僕は子どもの頃からサッカーをやる、見る、読む、聞く、嗅ぐ、全てをしてきているが、中でもJリーグは特別である。

地元クラブであるアルビレックス新潟は、家族で応援しており、弱いだろうが強いだろうが、応援する。熱が入る。燃える。

いや、それは言いすぎかな。去年はちょっと下手くそすぎたので、呆れることが結構多かった。

とにかく、この応援の熱を発することが、僕を元気にするために大事なんじゃないかと思う。

元気にする、は、精神的にだけでなく、身体的にもそうだ。

アルビの試合を見終えた後は大体、筋トレ、ランニングをする。腕立て、腹筋、背筋をする。4キロくらい走る。なんか、ピッチ上の選手同様に、自分も身体を動かさずにはいられなくなるのだ。

特に、負けた後は気合いが入る。どうしようもないイライラを、自分の身体にぶつける感じだ。

すでに述べたように、去年のアルビは負けまくったので、おかげで上半身がかなりムキムキになった。複雑な気持ちである。

 

さて、明日、やっとJリーグが開幕だ。

さっき、ついにDAZNに入会した。去年スカパー!オンデマンドで3000円弱だったことを考えると、1890円はお値打ちに感じられて、テンションが上がる。

と、いうことで、勢いあまってここでJリーグの事を書くことがあるかもしれない。

せっかくなので、インターネットあるいはスタジアムで、皆さんも地元のクラブを応援しましょう。

そして、一緒にムキムキになりましょうぜ。