madajimaとの会話

たまたまここを訪れてくれた方を一笑い吹かせるために、赤の他人との「どうでもいい会話」や自分の「どうでもいい思考」を載せています。

銀座の恋活パーティに行ってきた その9

最初から読みたい方はこちら 面倒な人はあらすじ↓ 銀座の恋活パーティで知り合ったかわいいバンダナの子に、250人参加のキャンプに誘われたが、きっぱりと断ったmadajima。 初めて会う人たちに、あはは、えへへ、と1日中愛想笑いをして、「バンダナの子の友…

銀座の恋活パーティに行ってきた その8

最初から読みたい方はこちら 面倒な人はあらすじ↓ 銀座の恋活パーティには150人もの大人数が集まり、そのおかげでバンダナの子という素晴らしい女性を見つけられたのだが、そのバンダナの子に誘われた、250人参加のキャンプには行こうかは迷っている、madaji…

銀座の恋活パーティに行ってきた その7

最初から読みたい方はこちら 面倒な人はあらすじ↓ 銀座の恋活パーティで知り合い、仲良くなったバンダナの子は、ネットワークビジネスをするために、madajimaと仲良くなったのでは? 自分は、遠回しに遠回しに、ネットワークビジネスに勧誘されているのでは…

銀座の恋活パーティに行ってきた その6

最初から読みたい人はこちら 面倒な人はあらすじ↓ 銀座の恋活パーティで知り合い、一緒にご飯を食べに行ったバンダナの子は、実は恋活をしていなかったのではないか。 実はバンダナの子はネットワークビジネスをしていて、madajimaに商品とかを紹介しようと…

銀座の恋活パーティに行ってきた その5

最初から読みたい人はこちら 面倒な人はあらすじ↓ madajimaは、一つの事しか集中してすることができない。 例えば、財布探しをしている時に、女性探しをすることができない。 同様に、キャリアの道探しをしている時に、女性探しをすることができない。 銀座…

銀座の恋活パーティに行ってきた その4

最初から読みたい人はこちら 面倒な人はこれまでのあらすじ: 友人T君と行った銀座の恋活パーティ、そこで一番可愛いと思ったバンダナの子をご飯に誘い、見事にオッケーをもらったmadajima。 しかし、いざ会ってみると、相手の表情は芳しくない。というか、…

銀座の恋活パーティに行ってきた その3

その1、その2のあらすじ 緊張した中、会社の同僚T君と、恋活パーティに行ってきたmadajima。 財布を失くしたり、見つけたり、女性と話したり、T君と話したり、色々あったが、結局連絡先を交換したのは2人だけ。 ただ、その中の1人は、パーティで一番気に入っ…

銀座の恋活パーティに行ってきた その2

その1はこちら その1を読むのが面倒な人は↓のあらすじ 150人参加の恋活パーティに会社の友人、T君と参加したmadajima。 意外にも高い女子のレベルに興奮していたが、パーティ開始早々に財布を失くしたことに気づき、顔面蒼白。 財布探し中にたまたま見つけた…

銀座の恋活パーティに行ってきた

銀座のスペイン料理店で開かれた、Happy smile party主催の恋活パーティに行ってきた。(行って来ます編はこちら) ちなみに、スーツで行くのはやめた。付き添いの友人、T君がネクタイを会社にしか置いておらず、「どうせだったら私服で」となった。 実際、…

銀座の恋活パーティに行ってきます

「おいmadajima、街コンというものに行ってみようぜ」 そう言い放ったのは、会社の同僚のT君だ。 「一度行ってみたかったんだよね」 彼は笑うでもなく、真面目になるでもなく、とぼけた顔でそう言う。 T君は日本とアメリカのハーフで、幼少期をニューヨーク…

Madajima Calendar v2.1のリリース

久しぶり! Madajimaお兄ちゃんの妹、Madakoだよ! え? お兄ちゃんはどこだって? お兄ちゃんは、自分が作ったアプリについて話すとき、恥ずかしいから私に任せているんだよねっ。 もー、かわいいんだからー☆ え? そうじゃなくって、ここ1ヶ月くらいずっと…

ギリギリ

もうすぐギリシャに行ってくる。 そこで、髪を切りに行くことにした。 あっちの、美しいビーチと美しい美女のためである。 僕がいつも髪を切りに行くのは、電車で40分ほどかかるところだ。 乗り換えが一回あるし、少々面倒だけど、色んな美容室を試した結果…

デジタルカメラを買うか、買わないか

2月辺りにも言ったけど、6月12日から、僕はギリシャに行ってくる。 基本的にあまり旅行に行かないし、海外も4年前に行ったっきりの僕だから、これでギリシャに行くのは、人生で最後なのかもしれない。 なので、その感動を、経験を、動画とか写真みたいな形で…

ホニ布陣は成功?失敗? - ベガルタ仙台対アルビレックス新潟 20170528

ホニ布陣だとホニ夫人みたいだけど、そこは置いておこう。 新潟の布陣は、守備時に2つの顔を見せていて面白かった。 守備時、ホニが下がって、相手のサイドバックのケアをするときがある一方、スルスル逆に前に行き、前線に張り付いていることもあった。 ホ…

元気がない時のラーメンの食べ方

元気が出ない。 やる気が出ない。 あーーーもーーー。 そんな時に行くようになったラーメン屋がある。 何でもない、横浜家系のチェーン店なのだが、スタッフの9割を占める中国系の方々が元気で、笑顔が素敵だし、味も良いので、行くようになった。 ラーメン…

呂比須ワグナーの運注入! - アルビレックス新潟対コンサドーレ札幌 20170520

三浦文丈監督が辞任した時、「アルビはここ数年ずっと運が無い」ということを書いた。 呂比須ワグナー新監督が、そのどんよりとした悪い流れみたいなものを、日本刀の短い振りでスパッと断ち切ったような、そんなイメージが湧いている。 呂比須の初陣、今シ…

最高の1-6の負け - アルビレックス新潟対浦和レッズ 20170514

あらかじめ断っておく。 このブログ記事を「最後まで残留を絶対に諦めない」とか、「呂比須ワグナー新監督のチームの立て直しに期待する」とか、そういう普通の新聞記事みたいな感じで締める気はないので、安心してほしい。 浦和の方が、一人一人の技術力、…

消費税は10%がいいなあ

だって、8%とか、計算しづらくないですか? 払う料金が増えるストレスより、面倒な計算のストレスの方が多くないですか? 安倍首相、ためらわずにさっさと10%にしちゃいましょうよ。 実はこれ、消費税が5%だった時代からずーっと言い続けている。 僕が中…

アルビ三浦文丈監督の休養(辞任)について

遅ればせながら、三浦監督の休養について。 5月5日の川崎フロンターレ戦で0-3で負けた後、「何かを変えなくてはいけない。あとでゆっくり考える」と記者会見で話していたけど、まさか、「ゆっくり考えた結果、変えなくてはいけないのは監督だと思ったので、…

アルビの選手、僕的考察 - 小泉慶はもっと落ち着け!

今まで、このシリーズでは、アルビレックス新潟の選手たちを取り上げ、良いところを褒めてきた。 んでそれから、あまり優れない点を指摘してたりして「この選手の活躍を期待したいですね」とまとめて終わっていた。 というか、一人のサッカー選手の記事など…

雨のSwitch

晴れ男やら雨女やら、そういう風に自分をカテゴライズする人たちがいる。 僕もその一人だと思われがちである。 だが、残念ながら、そうではない。 僕はそのカテゴリーを超越している存在だ。 僕は、天気に愛されているのだ。 昨日、僕が買ったマリオカート8…

ビール阪神巨人

東京ドームに野球観戦に行って来た。 オーストラリア人の友達、ショーン君が「巨人対阪神の伝統の一戦がどんな感じか、いつか見てみたい」と言っていたので、東京ドーム三塁側一階席のチケットを入手して、行って来た。 席に着いたら、僕たちを囲むのはバリ…

アルビ良い感じじゃね、ホームで0-3で負けたけどさ

昨日のホームでのFC東京戦、0-3で負けました。 先週のヴァンホーレ甲府戦で2-0で勝った分、連勝の期待が大きかったけど、三点差で負けてしまった。 サッカーで0-3と言ったら、完敗中の完敗、全然ダメじゃん、というイメージがつきまとう。 だが、実際はそん…

ビデオテープ

「ヒトの記憶ってのは、ビデオテープみたいなものだ」 そう言ったのは、小学校1年生の時の担任、佐藤先生だ。先生は、チョークで黒板に脳みその形を描いた。 「この中にどんどん情報が入っていくんだ。君たちはまだこの中にちょっとしか情報が入っていないけ…

期待をするか、しないか

期待をしない方が得だな、と考え始めたのは、いつからだっただろうか。 超楽しみにしていたデートをドタキャンされてからかもしれない。 くそ暑い中、長い電車旅をしてアルビレックス新潟のアウェーの試合を観に行き、超つまらない試合内容で凡負けしてから…

恋のせいです

恋とはなんだろう、と自分に問い聞かせて、答えをひねり出そうとする歌とか、物語は多い。 恋はドラッグだ。 恋は盲目だ。 恋を人をおかしくさせる。 恋は人を幸せにさせる。 いろんなことに例えられて、いろんな風に解釈される。 そして、僕の解釈はこうで…

アルビの選手、僕的考察 - 原輝綺はケツをデカくして先生ボランチを目指せ

さて、今回は、名前通り輝きを放っている原輝綺くんである。 これを書いている時点で、まだ厳密には高校生だ。 それでいて、アルビレックス新潟で開幕4試合スタメンを張り続けている。 僕の高校3年生の春休みなど、大学受験の結果で自分の将来に絶望しか抱い…

隠れファン

昨日が会社の最終出社日だった。 そういえば、辞める話はしたものの、僕の仕事の内容をここで話したことがなかった。 ざっくり言うと、Microsoft Excel上の仕事を効率化する、といった感じだ。 Excel上の仕事といえば、数式で計算したりグラフを作ったりする…

ニトリのオープン記念品

先日、オフィスの近くでニトリが開店することを知ったため、会社の昼休みに行ってきた。 敷布団カバーを買いたかったのもあるが、「開店の日に行ったら、オープン記念品がもらえるんじゃないかな」という狙いもあった。 だが、店はなかなか混んでいて、店の…

ドーハの悲劇とmadajimaの悲劇

ドーハの悲劇を知っているだろうか。1994年のサッカーW杯予選、日本代表初の本選出場まで、あと数分、いや、あと数秒だった。中立地のカタール、ドーハで行われていたイラク代表との試合、日本代表が2-1とリードしていた終了間際に同点ゴールを決められ、夢…