madajimaとの会話

たまたまここを訪れてくれた方を一笑い吹かせるために、赤の他人との「どうでもいい会話」や自分の「どうでもいい思考」を載せています。

期待

数ヶ月前、友だちと飲んでいた。 東京都内にあるビール工房。 その場で作られたビールを飲める、僕たちのお気に入りの場所である。 世間話をしながら笑ったりしていると、友だちがトイレに席を立った。 僕は手持ち無沙汰になったので、ビールを一口飲んだ。 …

おじいちゃんの日記

うちのおじいちゃんは、イケメンである。かっこいい。 30年前、65歳にして、ホノルルマラソンを4時間半ほどで完走した。 膝が悪くなって走れなくなると、その情熱をゲートボールにシフトし、選手としては飽き足らず、審判として1番上の資格を取っていた。 演…

madajimaがパクられた

パクり、というのは嫌なものである。 何より、パクられた、と嫌疑をかけられるのが嫌だ。 「よつばと!」という漫画をご存知だろうか。 今でも続いている、5歳の少女のほのぼの系の日常漫画である。 世界中の老若男女に愛されていて、この漫画がきっかけで日…

二千円札

今年の3月、飲み会の幹事をすることになった。 この日、4年ぶりに友だちが日本に帰ってきたので、彼とその友だちを集めて飲み会をすることになったのだ。 この時、その彼の友だちの友だちも、カナダから日本に観光に来ていたので、その人たちも参加すること…

台風19号の接近にも関わらず開いている店を探してきた(上野編)

今日の朝、やけに妙にテンションが高かった。 こういう日はたまにある。 起きた瞬間、エネルギーに溢れている感じ。 なんだか、こう、何かをめちゃくちゃ頑張りたい気分である。 ・・・が、今日は台風の日だ。 すでに雨がザーザーと降っている。 外に出て、…

ブリティッシュパブでラグビーワールドカップを見てきた その2

あらすじ: 米仏くんと一緒に日本対ロシアをブリティッシュパブで見ていたmadajimaは、試合終了後、紺のドレスを着た女性をボケーっと見て、「綺麗だな」と思っていた。 だが、ずっとそうしている訳にも行かず、ブリティッシュパブを後にしようとした。 する…

ブリティッシュパブでラグビーワールドカップを見てきた

日本で開催されているラグビーワールドカップの開幕戦、日本対ロシアの試合を、六本木のブリティッシュパブで観戦しに行ってきた。 一人ではあれなので、ビール好きな友人、米仏くんも誘った。 米仏くんは、身長194センチのアメリカとフランスのハーフで、サ…

madajimaの海外 香港編 その6 - 酒店

「酒店」とは、中国語でホテルのことです。 なんで「酒」と「店」をかけ合わせて「ホテル」になるのか、という中国語の謎は置いておいて、ここでは、僕が泊まった五つ星ホテル「Marco Porlo Hotel Gateway」のサービスについて書いていきます。 香港編はトピ…

madajimaの海外 香港編 その5 - 蹴球

香港オフィスでは、もちろん僕の席は無いので、ちょうど不在にしている人のデスクを間借りしていました。 すぐ後ろがショーンの席でしたが、その他の周りの人たちは知らない人たちばかりです。 会議で一緒になる訳でもない、全く関わりのない人たちの真ん中…

madajimaの海外 香港編 その4 - 同僚

会議が始まりました。 僕は、シドニーの時の失敗に懲りずに、羽田空港で買ったお土産を持ってきていました。 そして、いつそれをみんなに配るかをよく見ていました。 でも、常に会議室のテーブルの上に菓子はありました。 休憩が終わるたびに誰かが「はいど…

madajimaの海外 香港編 その3 - 仕事場

香港に着いて二日目、月曜日となりました。 ホテルで朝食をとり、スーツに着替え、ホテルを出て、Google Mapsを開き、オフィスに向かって歩いていきました。 そして、迷いました。 人が多いからか、Google Mapsが示す現在地がよく定まりません。 また、車通…

madajimaの海外 香港編 その2 - 一日目

タクシーを見送ると、ドアマンに「チェックインカウンターは、ショッピングモールを抜けた右です」と言われました。 黒い壁の部屋は、ただの車寄せのようでした。 「ありがとう」と行って、ショッピングモールを抜けて、右に行きました。 歩いている途中、「…

madajimaの海外 香港編 その1 - 到着

香港に着きました。 初めての香港、初めてのアジアの海外です。 香港のイメージは、なんと言っても100万ドルの夜景です。 中学校の英語の教科書で、日本人の学生が香港の学生と話すシーンがあったのを覚えています。 彼らが100万ドルの夜景を一緒に見ていた…

長岡花火に行ってきた

8月2日金曜日、長岡花火に行ってきた。 事の発端は、姉が、「お父さんお父さん、長岡花火を有料席から見てみたい」とお願いしたことから始まる。 長岡花火には、家族で子どもの頃から何度も行ってきたが、とても花火に金を使えるほどの財政的状況にはなく、…

マンチェスター・シティvs横浜Fマリノスを観に行ってきた

昨日、日産スタジアムで行われた、マンチェスター・シティ対横浜Fマリノスの試合を観に行ってきた。 会社からチケットを無料でもらった時は、「おお! ケビン・デ・ブルイネやラヒーム・スターリングを見ることができるのか! それに監督のペップ・グアルデ…

madajimaの海外 シドニー編 その10 - ホンダ

この日は、オーストラリアのプロサッカーリーグの開幕戦でした。 そして、そこに出場するのが、メルボルン・ビクトリーに移籍した、元日本代表の本田圭佑です。 オーストラリアに移籍した本田を、スタジアムではないとは言え、オーストラリアのパブで見られ…

madajimaの海外 シドニー編 その9 - マンリー

花火で終わった日から、一晩が明けました。 今日は、マンリービーチという場所に行って、レンタサイクルをするつもりです。 「マンリー」は、シドニー市街の北東にある大きな半島です。 海岸沿いにながーいビーチがあり、そこを自転車でびしゃーっと走る予定…

madajimaの海外 シドニー編 その8 - ジャパニーズ

「コンニチワ!」と元気な片言の日本語が聞こえて来ました。 レストランのバス停で乗った、バスの運転手です。 おっちゃんは笑顔で「日本人だよね? どこに行くの?」と聞いてきました。 「あ、えっと」と僕が行き先を告げると、「Oh, wonderful!」と言いま…

madajimaの海外 シドニー編 その7 - バースデー

会議は水曜日まで続き、無事に終了しました。 そして、ホリデータイムです。 木、金、土、日とシドニーを観光し、月曜日の夜に日本に帰国する予定です。 木曜日は、薄暗い曇り空の中、シドニーの街中を探検して終わりました。 そして、金曜日になりました。 …

madajimaの海外 シドニー編 その6 - ブリッジ

会議は無事に終わりました。 一応予定通り、17時にキリがつきました。 そしてこれも予定通り、飲み会みたいなのが開かれることになりました。 ハーバーブリッジという大きな橋の近くにあるパブです。 全員参加ではありませんでしたが、偉い人たち数人と、偉…

madajimaの海外 シドニー編 その5 - オミヤゲ

僕はせかせかとトイレに行きました。 別にあれが近かった訳ではないですが、急ぎました。 そして、用を足していたら・・・。 僕はガバッと目を覚ました・・・。 自分は東京のアパートのベッドにいました・・・。 実は、今までのことは全部夢だったのでした・…

madajimaの海外 シドニー編 その4 - オールスター

僕は、とある駅のホームの端にいました。 緑色の山手線が、僕の真横を勢いよく通り過ぎていきます。 次に、水色の京浜東北線が通り抜けました。 「うっわ、すっげー」と僕は思っています。 「かっこいいなあ」とも思いました。 走って電車を追いかけたりもし…

madajimaの海外 シドニー編 その3 - ボンダイ

今回は無事に鳥にぶつからずにバス停に着き、オススメされていたボンダイビーチに向かいました。 色んなことが起きて疲れてしまったので、バスに乗ってからすぐに眠りに落ちてしまいました。 もちろん、何も盗まれないように、リュックをガシッと抱きしめる…

madajimaの海外 シドニー編 その2 − バード

仕方ないので、ベルトを買いに行くことにしました。 探してみると、ZARAやH&Mがあるエリアがホテルから徒歩20分ほどのところにありました。 運ばれてきたフルーツジュースとクロワッサンとコーヒーを平らげ、すぐにジャージのズボンに着替えて、外に出まし…

madajimaの海外 シドニー編 その1 - プロフェッショナル

2018年10月13日の土曜日、僕は成田空港を発ちました。 19時30分成田発、朝の7時半にシドニー着です。 シドニーのタイムゾーンは日本より2時間早いので、東京の5時半に着くことになります。 つまり、10時間のフライトです。 14日の日曜日の朝に着いてから1日…

madajimaの海外 英語編

僕の直近の海外出張と旅行について書く前に、まずは、僕が英語と共に歩んできた道のりについて書こうと思います。 全ての海外経験のバックグラウンド的なやつですね。 僕は、ご存知のように、新潟の田舎で生まれ育ちました。 外国人が全然いないような環境で…

現場の職人さんを守るための熱中症対策メッセージ

↓こちらの応募作品です。 moribankin.com むかしむかし、あるところに、アリ職人とキリギリス職人がいました。 この年も、いつも通り、夏が来ました。 ですが、この年は、いつも以上に、猛暑の夏でした。 暑い中も、アリ職人たちは、思いっきり汗をかいて、…

感謝をしたい、小学校の担任の酒井先生

最近ふと、小学校の先生たちのことを考えていた。なんというか、僕の人格形成に良い影響を与えてくれた人たちばかりだなー、と、先生に恵まれてきたことを実感してしまった。なぜか、無性に。とはいえ、今では、直接会って感謝することもできない。なので、…

スタバに現れた謎のおぼっちゃま その4

その1はこちら その2、その3 あらすじ↓ 金正恩似のフィリピン人の国連職員であるおぼっちゃまに、インターネットを繋げてあげたmadajima。 彼が浅草で撮った写真を色々見せて来て、 可愛くてたまらない。 だが、ママチャリに跨っているだけでドヤ顔している…

スタバに現れた謎のおぼっちゃま その3

その1 その2 あらすじ↓ いつものスターバックスでブログを書いていた日曜日の朝、金正恩似のおぼっちゃまに「Wifi繋げたいんだけど」と言われたmadajima。 ところが、店のWifiには中々繋がらない。 皆藤愛子似のかわいい店員さんとも、繋がらなそうだ。 そこ…